インロー式で組み立てたオープン棚什器の図面事例_0613|図面屋.com_店舗設計の詳細図資料集

図面屋.com_店舗設計の詳細図資料集

店舗設計の手引きとして内装図面の詳細図をカテゴリーごとにご紹介しています。




インロー式で組み立てたオープン棚什器の図面事例_0613


オープン什器図 v2016

■サイズ
■仕様
W1600×D1050×H1270
図面参照 
 支柱:25×25スチール角パイプホワイトブロンズメッキ仕上げ
 トップ:木ラッカー塗装仕上げ
 棚:シナ合板CL仕上げ
■備考


この作図事例はオープン棚什器の姿図と部分詳細図です。

このタイプは支柱となる角パイプとそれぞれの棚を角パイプのインロー式固定で積み重ねていくオープン棚什器です。

ですから、従来の固定式フレーム型では実現できなかったラウンド型のオープン棚を可能にしました。

連結方法はシンプルで、前述したように支柱パイプの底面にインローパイプを溶接しておいて差し込んでいいくだけです。

ただ、注意点もあります。続きをご覧ください。

応援、宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ 
にほんブログ村
 
人気ブログランキング

ここで注意すべき点として以下のことが大切ですが、その前に部分詳細図を見て下さい。


オープン什器図-03



支柱と同様に棚も積み重ねて行くわけですから、支柱に棚受けが必ず必要です。その為には支柱のトップに棚受け用のフラットバー(FB)を溶接仕置く事を忘れないようにして下さい。

この事例の場合は、支柱の外側(内部に棚のズレ止め角材がくる為)に溶接しておいて下さい。

■このオープン棚什器で試用している鋼材は下記にあります。
⇒ 鋼材表【スチール角パイプ】

もう一つ注意点があります。

それはインローパイプの長さですが、短すぎると組み立て後に不安定さを感じますので、だいたい100mm程度必要です。

それに木棚仕様のオープン棚什器はどうしても下に行くに従って棚の影が出来、暗くなります。これではいくら売れ筋の商品を陳列しても暗くて見映えが悪くなります。

その為、今回の事例では無い棚下照明を取り付ける事も考えておく必要はありますね。ただ、配線経路とコンセント取り付け位置にはちょっと頭を悩ますことになりますが・・・・・。

最後に、角パイプを使った図面事例の記事サイトも参考にして下さい。
⇒ スチール角パイプ使用の図面事例一覧_0421


応援、宜しくお願い致します。

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ 
にほんブログ村
 
人気ブログランキング
●スポンサードリンク



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

店舗設計ならお任せを!

zumenya_468-60
Copyright © 図面屋.com_店舗設計の詳細図資料集 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...