スイーツショップのオープン什器の図面事例_0626|図面屋.com_店舗設計の詳細図資料集

図面屋.com_店舗設計の詳細図資料集

店舗設計の手引きとして内装図面の詳細図をカテゴリーごとにご紹介しています。




スイーツショップのオープン什器の図面事例_0626


120918青の記憶什器図1 v2016



■サイズ
■仕様
W3130×D1100×H1100
図面参照 
 本体:木突き板OSCU仕上げ(ツヤ消し)
 ショーケースTOP:コーリンアン貼り
 ショーケースフレーム:真鍮角パイプ溶接組み 
■備考


この作図事例はかなり奇をてらったオープン什器ですが、以前スイーツショップでの実施図として描きました。

基本デザインはできていたのですが什器としての納めが、これを考えたデザイナーさんが実施図までは出来ないと知りお手伝いをしたわけです。

見た目だけが先行して、かなりややこしい図面と思いがちですがひとつづつ進めれば、それほど難しい図面ではありません。

応援、宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ 
にほんブログ村
 
人気ブログランキング

まず、3000mmを超える長い什器なので、搬入も考慮に入れ3分割にした図面を描くことにしました。後は現場でのジョイントを木工製作業者さんに指示しました。

懸念材料としては、多くの面材を使用しているためにジョイント部の納めが旨くいくかが気がかりでした。

また、中央部が円弧状になっているので地袋の扉のクリアランスを決め込むのに苦労して、図面上で何回もシュミレーションをしました。

ここで、断面図と各詳細関係を添付しておきます。



120918青の記憶什器図2 v2016

地袋の先端のショーケースは天板のガラスに同材のツマミを付けて上から開ける様にしました。(図面右上)

当初の基本設計では、正面に引き違いのガラスを取り付けけるようでしたが、商品の取りやすさを考えて上部に落とし込みの蓋をする方法に変更したのです。

まあ、ややこしかったといえばこの部分程度で、後は木工製作業者さんに下駄を預けました。

作図では、難しさを感じても業者さんにある程度任した方が良いときもありますので、形と寸法だけをきっちっと描いておけばある程度の収まりは出来ますね!

最後に、この什器のフォルムを見て解ったことですが、アレンジしてしてやればちょっとしたアクセ什器に変身するのではないかと・・・・・。

ですから、今は目をつぶってもスケッチでこの什器の機能を覚えるようにしました。デザインってある意味、真似ることからはじまります。

多くの什器を知っていれば、アイデアはすぐにでも出てきます。

みなさんもこれはというものがあれば、必ず自分のものにして下さい。きっと素晴らしい図面屋さんに成れますよ。

余田和でした。

応援、宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ 
にほんブログ村
 
人気ブログランキング
Edit
●スポンサードリンク



店舗設計ならお任せを!

zumenya_468-60
Copyright © 図面屋.com_店舗設計の詳細図資料集 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...