必見!一般的な木製ドアの作図は覚えるべし!|図面屋ま〜の "Easy Living" な日々

図面屋ま〜の "Easy Living" な日々

 リタイヤした図面屋ですが、仕事から解放されて日々のんびり気楽に暮らしてます。そんな奴が好き勝手書いてます!

必見!一般的な木製ドアの作図は覚えるべし!

woodendoor

■Data
■サイズ
■仕様
800×147×2400(枠外)
建具本体:木染色CL仕上げ 
■備考


当たり前のように毎日触れているドアですが、そんなドアにもちゃんとした作図があればこそ作れるのです。今回は、高さはあるもののとても一般的な、木製建具の作図事例をご紹介します。

この作図を基本として理解を進めれば、あある程度の建具図面は描くことが出来るでしょう。また、最低限の建具作図事例とも言えます。

というか、この程度の建具を描けなければ、図面屋さんとしては、活躍の場がありません。ですから、頑張って覚えるようにしてください。

近い将来、きっと役に立つ図面とも言えます。それでは、続きと行きましょう!

応援、宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

●スポンサードリンク

今回の作図事例で意識することは、建具の機能として重要な役割を担うヒンジについてです。下に平面詳細図がありますので、確認してください。


woodendoor02

前述したように、この事例の建具は、天高に伴い建具高もかなりの高さがあります。ということは、重量も、それなりに重くなるのでヒンジは重量用を使用することです。

後、上の平面詳細図は、かなりの精度だと感じます。

例えば、開口の枠に補強を入れていること、建具枠と建具の隙間寸法が明確なこと、戸当りの納め方など
などが、明確に表現できています。

ただ、コストなどのことを考えて、付属金物の品番はあえて入れないようにしています。ものよっては、コスト高になる恐れがあるからです。

次に、断面詳細図が以下にありますが、平面詳細図ともに見ていただければ、より理解が深まるでしょう。この作図もよく描けています。及第てんをあげたい!


36


こちらについても、開口補強枠、建具と建具枠の納まりなどが明確に表記されています。例えば、枠と建具の前ずらです。

2mmのチリが確認されますか?そして、その後ろの戸当りとの隙間3mmが確認できます。とても、明確で分かりやすい建具図ですね。

尚、戸当たりの表現はこれで正解ですが、建具枠と一体化して描いても良いと感じます。その方が手間が省ける場合があるからからです。

嬉しいのが、ドアチェッカーまでしっかり描いているところですね。

前述したように、これが木製建具図(ドア)の基本形みたいな作図ですので、必ず覚えてください!また、ひとくちに建具図といっても種々様々です。

ですから、いろいろな資料を目に通して経験値を積むようにしてください。覚えれば、特殊な建具以外は無理なく描いていけるはずですから。

応援、宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
2021/12/03| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © 図面屋ま〜の "Easy Living" な日々 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます